毛髪の悩みベストスリーは?

思春期に入ったばかりで、もう脱毛で悩む人が急増しています。しかも男性に限らず、若い女性にまで脱毛症が広がりつつあります。

毛髪の悩みベストスリーは、
1.毛髪が少なすぎる
2.白髪が目立つ
3.抜け毛が多い

です。

この内の2つは脱毛に関するもので、この3つの悩みは、25歳以上になると、非常に増えてきています。
日本の成人男性の髪の毛は危険な状態にあります。
日本の成人男性の薄毛率がどんどん高くなってきています。
「日本の成人男性の髪の毛は危険な状態にある」ことは否定しようがありません。
だからこそ、男性向けの育毛剤が開発され、テレビなどで大宣伝されている現実があるのです。

男性型脱毛症は、特別な病気ではなく、男性ホルモンが原因となって引き起こされる、いわば、生理現象のひとつといってもよいものです。これまで20代の後半から30代になってからその兆候があらわれる人が多かったのですが、最近では、さらにその年齢が下がってきています。

子供にも脱毛症や薄毛が増えています。
今や思春期が始まったばかりと思われる子供達の中にも、脱毛や薄毛で悩む子が多くなっています。中学生や高校生にも、小学生にも脱毛や薄毛が増えています。

頭髪が抜け落ちてしまう子供は、いつの時代にもいましたが、その原因はたとえば白血病や特異体質でしたが、現代の子供の脱毛症はかなり事情が違うようです。特別な病気や特異体質ではない普通の子供が、脱毛に見舞われています。

肉体の成熟は性ホルモン分泌によってはじまるのですが、その性ホルモン(男性ホルモン)の分泌が引き金となって、男性型脱毛症がはじまります。こうしたことに加えて、環境的な要因がなんらかの影響を与え、脱毛症の若年化が引き起こされているのだと考えられています。

女性にも脱毛によるハゲが進行しています。
脱毛に襲われているのは若い男性ばかりではありません。若い女性にも脱毛によるハゲが進行しはじめています。
若ハゲは男性のもの!と油断していると、実は大間違いです。20代の後半から30代にかけて、こうした症状に悩む女性が、確実に増えてきています。
昔から「髪は女性の命」と言われてきました。その髪が危機に瀕しています。
現実に1000万人の日本人女性が薄毛に悩んでいるといいます。髪にコシがなくなったり、薄毛が目立つようになったと訴える女性が増えています。



髪の毛が薄くなっているという悩みが人生の大きなハンディキャップになっている

男性型脱毛症は、特別な病気ではなく、男性ホルモンが原因となって引き起こされる、いわば、生理現象のひとつといってもよいものです。
これまで20代の後半から30代になってからその兆候があらわれる人が多かったのですが、最近では、さらにその年齢が下がってきています。全世界の多くの男性がつきあたり、悩まされている難題ということができます。

脱毛、薄毛、ハゲは病気とはいえない病気ですが、それほど心理的な悩みも深く、大きいのが特徴でもあります。
脱毛症の男性は髪が薄いことを気にして、なかなか異性とのおつきあいができず、周りの人たちも、脱毛症に対してかなり過敏になっているという現実があります。

人類は、進化の過程で体毛をどんどん消滅させてきて、今や髪と口の周り、それに四肢のつけねくらいに集中して体毛を残すにとどまっています。ですから、頭髪の無い人というのは、まさにほ乳類の中でも最上に進化した状態といえるかもしれません。

しかし、人生の一番活動的な時期で、大いに恋もして生涯の伴侶を見つけなければならない青春期に、「髪の毛が薄くなっている」というのは、本人にしてみればつらいものです。脱毛が人生の大きなハンディキャップの一つになるのではと考えられます。


脱毛症は遺伝による影響が大きい?

現代の日本人に注意をして欲しいのは、いわゆる「若ハゲ」の始まりが10代になっているということです。また、そうした場合、脱毛の進行が非常に速いことです。
脱毛症は、急速に進行する時期と穏やかな時期とが波状的に訪れて、脱毛の状態を悪化させていきます。

そんなとき、頭に思い浮かべていただきたいのは、脱毛のチェックです。男性型脱毛症は遺伝による影響が大きいと考えられています。
髪の毛と頭皮に限っていえば、DNA によって受け継がれる特徴は、髪の毛の色や太さ、クセ毛などの情報と、毛根の量などです。

もちろん、後天的な環境条件による影響もありますが、父さんやおじいさん、あるいは親戚の方に脱毛症の人がいる場合には、あなたもその影響下にあると考えて、その予防に注意することが必要です。

生活の改善や日々のケアで育毛の期待が持てる脱毛のはじまった年齢にもよりますが、くよくよせずそのまま放っておこうという人もいれば、回復が可能であれば、もう一度髪の毛を生やしたいという人、また、カツラをつけたいという人も、いることでしょう。

しかし、多くの人の心は一つであると思います。
もし日々の生活の改善や毎日のちょっとした手入れで脱毛を防ぎ、髪の毛を回復することができるなら、自分の頭に髪の毛をもう一度生やしたい!
これ以外にはないと思います。
毛根さえ消滅していなければ、心と身体の健康に注意を払うことで育毛の期待が持てるのです。

サブコンテンツ
>

このページの先頭へ