口臭を予防するための歯磨きのタイミングと磨き方について教えて

口臭予防・改善のためには、正しい口腔ケアをする必要があります。
「血が出るほど磨いてるけど、口臭がなくならない……」とお悩みなら、口臭改善のための正しいブラッシング法と、歯磨きするタイミングについて知ってください。
実は、磨き方も大切ですが、「いつ歯磨きするか」というタイミングがより重要です。

いつ歯磨きすると口臭予防になりますか?

あなたは学校や家庭で歯磨きについて、1日3回、食後3分以内に磨くようにと教えられてきませんでしたか? 実は、今はその考えは間違っていると言われています。
食後すぐは、新鮮な唾液によって口内の悪さをする細菌は洗い流された状態です。

口内細菌が増えて酸性に傾くと臭いが出てきますが、唾液は口内を中性にしてくれます。食後すぐに歯磨きをしてしまうと、口内を中性にしてくれる大事な唾液が洗い流されてしまいます。唾液がなくなって口内は酸性に傾きやすくなり、さらに練りはみがきで乾燥した口内は、悪臭が発生しやすくなってしまうのです。

歯磨きをするタイミングとは?

朝起きてすぐ、夜寝る前、そして食後3時間たった頃です。
朝起きてすぐ、食べた3時間後の口内は唾液が少なくなっており、口臭が起こりやすい状態です。夜寝る前は、眠っている間に唾液がどうしても少なくなりますから、朝
起きてすぐの口臭を減らすために、口の中を清潔にしておく必要があるからです。

口臭改善に役立つ正しいブラッシング方法は?

歯ブラシを選ぶときは毛がやわらかめのものを選びましょう。細い毛のものも良いです。
毛が開いてしまったものは磨きづらくなるし効果も減ってしまうのでダメ。早めに取り替えるようにしましょう。

練りはみがきは付けすぎない

歯ブラシの先、半分から3分の1くらいで十分です。



磨く順番を決めましょう

右下から表側を先に磨き、次は裏側を左側から……など、あなたのやりやすい順番を決めて磨きましょう。一度決めて習慣にしてしまえば、磨き残しをなくすことができます。また、効率も上がるのでお勧めです。

歯を磨くときは順番を決める

歯ブラシの持ち方

ペンを持つように握りましょう。右手が利き腕の方が多いと思いますが、そうすると右側が磨きづらいかもしれませんね。左利きの方はその反対で、左側が磨きづらいでしょう。その際は、持ち替えて磨くのも良いと思います。
一連の流れがスムーズにできるように、一度、決めたら習慣にしてしまいましょう。

磨き方

口臭予防のためには、歯周ポケットをきれいにする必要があります。

1)歯ブラシを歯の表面に直角に当てて、歯周ポケットに歯ブラシの毛が入るようにします。

2)下の歯の表側・裏側、上の歯の表側・裏側(あなたのやりやすい箇所からで構いません)を5分割して、それぞれを20回ずつ小刻みに左右に動かします。
この時、最初は血が出るかもしれませんが、それは歯茎が傷ついたのではなく、悪い血がたまっているだけなので、出してしまったほうが良いです。何日か続けていると、血は出なくなります。歯茎が引き締まり、きれいなピンクになっていきます。こうなれば、安心です。

歯周ポケットへの歯ブラシの当て方

ただし、この通りにきちんと磨いていても、どうしても歯石はたまってしまうものですから、定期的(3か月~6か月程度)に歯科医に通ってクリーニングしてもらいましょう。


サブコンテンツ
>

このページの先頭へ