ホクロと癌の関係性!ホクロって皮膚癌になるの?

ホクロがガンになる確率は非常に低いのですが、それでも注意を向けることが大切でしょう。

子供の時にできたホクロであっても同じです。
ホクロを見ることで体の異常が発見できるかもしれないのです。

特に人目につく箇所にあるホクロは見苦しく、すぐに取り除きたいという人は多いようです。

痛みがあるという理由で取り除きたい人もいるようですが、その痛みが何を意味しているかを果たして考えているでしょうか。

ホクロの痛みは、それがガンであることを意味している可能性もあります。
この場合はすぐに医師の診察を受け、病理検査にかけてもらうことが大切です。

検査にかける際はホクロの一部もしくは全体を取り除くことになりますから、それにより痛みはなくなるでしょう。
ホクロの一部を取り除き、それがガンだと分かれば皮膚からホクロ全体を取り除かなくてはなりません。

その後にホクロが再発することは非常にまれです。
再発し続けとすれば、それはホクロを根本から取り除けていないのです。

見た目が煩わしい、見苦しいという理由で取り除きたいのであれば、自然に取り除ける方法はあります。
ホクロは自尊心にも非常に影響を与えます。
自然にできたホクロであれば、自分で取り除いてもかまいません。

ガン性のホクロは、ガン細胞が中にありますから、決して自分で取り除こうとしてはなりません。
ガン性のホクロの場合は、一部を取り除いてもガンが残ってしまえば体にとって脅威であり、致命的にもなるのです。

日焼け止めや日光への露出を防ぐことで、ホクロの発生を防ぐことができます。
すでにホクロがある場合は注意を払い、月に一度は自己診断をしましょう。

ホクロのサイズや形、またその表面もつるつるからざらざらに変化するようなら、皮膚科医の診察を受けましょう。
今あるホクロと同じところに新しいホクロが現れる場合も皮膚科医に相談しましょう。

そして自分でも、ホクロについて 4 つの主要なことを知っておくべきでしょう。
これはメラノーマの ABCD と言われるもので、asymmetry(非対称)、border(縁)、color(色)、diameter(直径)を表します。

非対称(asymmetry)は、ホクロを見る際に最も大切なことの一つです。
ホクロが対称的かどうかを必ず確認しましょう。
ホクロの真ん中に線を引き、左右が同じ形と色をしているかどうかをチェックします。

形、色とも全く同じであることが重要です。
また、ホクロの縁(border)も非常に重要です。
ガン性のホクロには、ホクロの縁からしみ出したような広がった跡があり、色やサイズが変化しています。

ガン性のホクロの縁は普通とは違ってはっきりとしています。
どのホクロも月に一度はチェックし、外側の縁には注意を払いましょう

体のホクロは、色(color)が異なっているかも知れません。
厳密には同じ色をしたホクロは二つとないのですが、一人のホクロにはある決まった色のセットがあります。

一つのホクロに複数の色がある、それが変化していくような場合は皮膚科医に診てもらいましょう。
単色で普通に見えるのなら、家庭で自然な方法を用いて取り除くことができます。

医師にかかると、まずはホクロのサイズや直径(diameter)について聞かれます。
先端に消しゴムのついた鉛筆を用意し、この消しゴムより大きな場合は自分で取り除こうとせず、皮膚科医の指示を仰ぎましょう。

サブコンテンツ
>

このページの先頭へ