便秘の種類とその8つの解消方法

まず、「痔」の根本的な原因の、「便秘」を解消することから、始めましょう。
便秘を治さないで、痔だけ治しても意味がありません。
便秘によって、また再発することでしょう。

「便秘は万病のもと」と言われるだけあって、様々な病気や症状を引き起こします。
まず、自分がどのようなタイプの便秘なのか、知っておきましょう。

[器質性便秘]

1. 腸の腫瘍(ポリープ)や炎症、閉塞などが原因で起こるもの。
嘔気、腹痛、下血などの症状があり、早急の検査、治療が必要です。
2. 先天性大腸過長症など、腸の大きさや長さの異常で起こるもの。
3. 直腸瘤によって、肛門内の圧力が分散して起きてしまうもの。

このように器質性便秘は、主に腸やその周りの臓器に、何らかの病気があって起こるものです。
それらの病気を治療しなければ、便秘を解消することは出来ません。
大腸ガンや腸閉塞などは、直接命に係わってくるものです。
少しでも症状に疑いがあれば、病状が進行する前に、医師の診断を受けてください。
便秘をなおしても、命を落としたら元も子もありませんので。

機能性便秘

 いわゆる一般的に「便秘」といわれる症状や原因が、この機能性便秘です。

急性便秘(一過性単純性便秘):
1. 偏食によって、食物繊維の摂取が少ない場合。
2. 水分不足で、便の水分がじゅうぶんでない場合。
3. 寝たきり状態(運動不足)のため、腸の運動そのものが低下した場合。
4. 環境の変化による、身体的ストレス。
5. 薬剤による、副作用。
6. 女性の生理前。(プロゲステロンというホルモンが原因)
7. 妊娠中。(運動不足や、黄体ホルモンの分泌で、腸の動きが鈍る)

急性の場合は、一時的な環境の変化で起こったものなので、そのうち症状は治まります。
環境が元に戻ったり、適応すれば、自然と治まってきます。
しかし、1~5に当てはまる事を繰り返していると、慢性便秘になってしまいます。

慢性便秘:
1. 弛緩(しかん)性:
腸の運動や腹筋(りきむ力)の低下によるもの。(高齢者、出産回数が多い女性、運動不足の人)

2. 痙攣(けいれん)性:
大腸の運動が活発すぎて起こるもの。(下剤の乱用、過敏性大腸炎など)

3. 直腸性:
排便の反射運動が弱くなっている場合。(便意を我慢しすぎたり、浣腸の乱用など)

4. 全身疾患による便秘:
糖尿病や甲状腺機能の低下で、神経麻痺を合併した場合。

機能性便秘のなかでも、この慢性便秘に悩む人が、大部分を占めます。
急性(一過性)なら、自然と治まっていきますが、慢性はそう簡単には治りません。
便秘の治療は、この慢性便秘を治すことが、一番の要です。

便秘解消の一般常識

便秘解消への早道は、
・ 規則正しい生活を送る。
・ 朝昼晩の 3 食を欠かさずにとる。
・ 睡眠時間を充分とる。
・ 水分をこまめに補給する。
・ 食物繊維を積極的にとる。
・ 動物性脂肪を取り過ぎない。
・ 身体にストレスを溜めない。
・ 適度の運動をする。
などが、あります。
おそらく、ほとんどの専門書やお医者さんのアドバイスも、こういったものでしょう。
これらをすべて守れれば、ほぼ間違いなく便秘は解消されるでしょう。
机上論で考えれば、みんな簡単に出来ることだと思います。
しかし、実際にやってみると、そう簡単にはできません。

規則正しい生活を送る

私たち人間は、プログラミングされたロボットではありません。
普通に生活していく上で、ある程度の「自由」を持っています。
家庭や仕事の都合で色々環境が変わるかもしれません。
毎日同じ事を繰り返し出来る、強い意志を持った人や、 規律の厳しい「軍隊」や、自由を奪われた「刑務所内の受刑者」などでないかぎり、難しいのではないでしょうか?


朝昼晩の 3 食を欠かさずにとる

寝起きは何も食べられないと言う人や、時間に追われて食べる時間が取れない人もいます。
夜食べると太るから食べないとか、厳しいダイエットをしていれば、一日 1 食なん
て人もいます。

反対に「1 日 5 食だけど、全く健康です」という人もいます。
このように、人はそれぞれの生活のリズムを持っています。
確かに、基本といわれる一日 3 食の食事を摂っていれば、健康的だとも思えます。

しかし、自分の身体のリズムを崩してまで、3 食にこだわる必要はありません。
「誰が決めたか三度の飯(食事)」と言う言葉があります。
要は、2 食でも 4 食でも、自分の生活の習慣に合っていれば、何の問題もないということです。
極端な話、野生動物のように、腹が減ったら食べるというのが、理想的だとさえ思えてきます。

でも、食事の回数を制限する、食べないダイエットは危険です。
断食や一食しか食べない極端なダイエットが成功しても、後々苦労するのが目に見えています。
たとえ見た目が細くなっても、身体のどこかに必ず何かしらのトラブルを抱えることになるでしょう。


睡眠時間を充分とる

忙しい現代人は、残業があったり、夜のお付き合いなどで、帰宅時間が遅くなります。
仕事が終わってからしか出来ない、色々な趣味を持っている人もいるでしょう。
寝る間も惜しんで、何かに没頭する人もいるでしょう。

人は年を取ると、だんだん早起きになっていくのはなぜだと思いますか?
実は、寝ること自体大変体力を使うのです。
基礎体力のある若い人ならまだしも、体力の衰えた老人や、疲れきった中高年などに、「充分寝ろ」というのは、酷な話です。
充分寝ようと思っていても、意に反して目が覚めてしまうのですから。
赤ちゃんや子供、仕事をせずに暇を弄んでいる人以外、難しいのではないでしょうか?

水分をこまめに補給する

通常、1 日 1 リットル以上(できれば 2 リットル)摂ることが望ましいとされています。
大量に汗をかく人(力仕事や運動などで)は、更に多くの水分を摂らなければなりません。
しかし、「飲んでる暇が無い」とか「水分を摂れば太る」と言って、水分補給をしない人が多すぎます。
更に、 「水なしダイエット」なるものを実践している人には、「寝耳に水」です。
これは、間違った情報です。水で太ることはまずありません
ちなみに、アルコールを飲んでも、水分補給にはなりません。

食物繊維を積極的にとる

食物繊維は、食べ物から摂る限り、摂りすぎの心配はありません。
むしろ、摂り足りないくらいです。

しかし、ダイエットや、サプリメントなどで、単一の食物繊維を大量に摂ると、下痢を引き起こします。
すると、水分と一緒にミネラル成分まで排出されて、ミネラル欠乏症を起こします。
あまり知られていませんが、実は食物繊維はカルシウムと結びついて、体外に排出されてしまいます。
大量に摂る事によって、大量のカルシウムが失われる恐れがあります。


カルシウムは、身体の骨や歯の生成に、99%使われる大事な栄養素です。
必要なカルシウムが不足すると、骨を溶かして補給にまわしていきます。
カルシウムの吸収を妨げないように、食物繊維はほどほどに摂ったほうがいいでしょう。

ここでひとつ注意しなければならないことがあります。
それは、慢性便秘の中の痙攣性便秘には、食物繊維の摂取は逆効果だということです。
痙攣性便秘は、一般的な弛緩製便秘と全く反対で、大腸の運動が活発すぎて起こる便秘です。
大腸の痙攣性収縮のために、便は小さく硬くコロコロ状態(ウサギのうんち)になります。
排便前は強い腹痛を訴える事があります。(特に左下腹部が多い)
排便すると、痛みが和らぎます。もしくは無くなります。
そして、便秘と下痢が交互に繰り返される特徴をもっています。
このような場合は、食物繊維の摂取は出来るだけ控えたほうがいいでしょう。
強い便秘薬(下剤)の乱用などで起きてしまうため、下痢を起こさない工夫が必要です。
薬の使用をやめて、暖かい水分(お茶、スープ、温かい牛乳など)を充分にとるようにしましょう。

動物性脂肪を取り過ぎない

動物性脂肪とは、いわゆる「肉類」です。
肉じゃなく魚を食べろ、とよく言いますが、魚でも立派な動物性脂肪「肉類」です。
生き物は、肉類を食べることによって、非常に大きなエネルギーを作ることができます。

そのエネルギーを消費できなければ、脂肪となって身体に残ってしまいます。
しかし、病み上がりなどの体力回復には、うってつけの食物です。
野菜だけで、スタミナをつけるのは大変困難なことだと思います。

野生の肉食動物は基本的に、肉しか食べません。
それでも便秘になったり、ブクブク太ったりしていません。
草食動物の肉を食べることによって、足りない栄養素をバランスよく補給できるからです。
人間は肉だけじゃなく、色々なものを食べる「雑食動物」です。
要は、バランスよく食べれば、少々の食べすぎ位どうって事ないのではないでしょうか?
あと、適度の脂肪分は便の潤滑剤の作用があります。


身体にストレスを溜めない

現代人は生活していくうえで、何かしらのストレスを持っています。
動物だって、ストレスを持つ時代です。
コレばっかりは、どうしようもありません。
ストレスをストレスと感じなくする事が出来ればいいのですが、難しいです。

適度の運動をする

交通の利便性が良くなった、この現代、運動不足は必然的な事と思われます。
移動手段が便利で楽になった分、下半身の筋力が衰えるのは、仕方のないことです。
でも筋力は、使わなければどんどん落ちていきます。
適度な運動をして、筋力を維持する、鍛えるのは重要なことです。
しかし、運動をするといっても、汗を大量に掻くほどの運動(スポーツ)をする、というわけではありません。
運動=スポーツとは限りません。
身体を動かせることが出来れば、それが運動です。
ただ歩くだけの散歩でも、立派な運動となるのです。

便秘の種類

便秘の色々な症状とその原因
不規則な生活を続けていると、身体の循環リズムが乱れてしまいます。
「食の乱れ」が、そのまま「排便の乱れ」に関係していきます。
体内時計が狂い、健康面にさまざまな影響がでてきます。

消化器の機能低下

必要以上に食べすぎたりすると、胃や腸といった消化器官に負担がかかります。
その結果、消化不良を起こし下痢や腹痛、嘔吐などの辛い症状を引き起こします。
下痢で便が出ているうちは、便秘ではありません。

しかしこれらを繰り返していると、胃腸の機能がだんだん弱くなっていきます。
そして、腸の運動が衰えて起こる、弛緩性便秘になっていってしまいます。

腸内環境の悪化

便秘になると、腸内細菌のバランスが乱れます。
たとえば、高蛋白脂肪の食物が、便秘によって宿便となった場合、 腸の中で宿便が腐敗します。
すると、「アンモニア、硫化水素、フェノール、インドール、スカトール」などの有害ガスが発生します。

この有害ガスは、腸内の「悪玉菌」を活性化して、悪玉菌を異様に増やしてしまいます。
腸内細菌のバランスは、善玉菌 7~8 割、悪玉菌 2~3 割がベストといわれています。

悪玉菌が増えてしまうと、多種類の「毒素」が作られます。
この毒素は、肝臓を弱らせて、自然治癒能力の低下をまねきます。
そのうちの「アレルゲン」という毒素は、「気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎」などを引き起こします。
悪玉菌の作った毒素は、体内を巡ることによって、口臭や体臭の原因になります。

そして身体の表面、一番外側の「肌」の調子も崩してしまいます。
肌の老化、肌荒れ、乾燥肌、シミ、しわ、ニキビ、吹き出物ができたり、ツヤがなくなり顔色がさえなくなったりします。
新陳代謝が妨げられてしまうからです。

その他の症状

腸内に溜まった便からできたガスの影響で、おなかが張って腹痛をひき起こしたり、
強い不快を感じたります。
おなかが張ることで、食欲不振や吐き気、ストレスで胃痛を起こしたりします。
自律神経が乱れるので、頭痛やめまい、肩こり、腰痛などが、不眠やイライラを引き起こします。

その他にも、動脈硬化を進行させるため、「心筋梗塞、脳梗塞」などの怖い病気になる可能性もあります。
そして、無理に息張って便を出そうとすれば、肛門が鬱血して「いぼ痔」になってしまう事もあります。
水分の無くなった硬い便によって、肛門が裂ける「切れ痔」になることもあります。

このように、様々な症状に苦しめられるので、便秘は非常に厄介です。
「百害あって一利なし」の便秘は、一刻も早く解消しないといけません。


サブコンテンツ
>

このページの先頭へ