ブラキシズム・ドライマウスとは?原因とその対策

「ブラキシズム」とは、歯ぎしりや噛みしめ、歯をカチカチと鳴らすといった行為の総称です。
主に睡眠中に見られるのが特徴で、9割以上の人に見られるともいわれています。

「口の中が妙に乾燥する、ベタベタする」
「変な味がする」
「舌の痛みやひりひり感がある」
「口の中が舌でいっぱいの感じがする」
「原因不明の歯や歯茎の痛み、違和感がある」
「噛み合わせに違和感がある」

これらの症状を訴えて歯科を受診しても、歯や歯茎、舌などにこれという問題はない場合、「歯科心身症」と呼ばれます。
口の中や周囲を調べても異常が見つからないため、「気のせい」「考えすぎ」として適切な治療が行われないことも多くあります。

しかし、「歯科心身症」は「心の不健康」のサインで、口臭の原因にもなります。
見逃してはいけません。
「歯科心身症」の中で多くの人に影響を及ぼしているのが、ブラキシズムです。

ブラキシズムが続くと、歯がすり減って知覚過敏になったり、詰め物が外れたり、歯周病を引き起こして口臭の原因になったりするほか、ひどいケースでは歯がこわれてしまうこともあります。

最近よく見聞きする顎関節症の主な原因もブラキシズムです。
ブラキシズムには顎関節症や、噛みしめ呑気(どんき)症候群があります。
これらブラキシズムが起こる原因として、ストレスも一因となっていると思われます。


顎関節症とは


《原因》
顎関節症の大半は、無意識にしている歯ぎしりや、歯の噛みしめであごの関節に異常な力が加わり続けた結果、あごとその周囲にトラブルを生じたものです。
具体的な症状としては、口の開け閉めの時あごの関節から異常な音がしたり、あごに違和感があったり、口がうまく開かなかったりするのが特徴です。

噛みしめ呑気(どんき)症候群の原因と対策

《原因》
歯を噛みしめるとき舌を上あごにおしあてる習慣がある場合に起こります。この状態では、のどの奥に唾液が集まるので、反射的に唾液を呑み込もうとします。このとき唾液と一緒に空気も呑み込んでしまうのです。

そのため、噛みしめを繰り返すうちにいつの間にか食道や胃や腸に空気がたまり、その結果、胃の不快感や膨満感、のどや食道の違和感に加え、げっぷやおならが頻繁に出るなど、消化器系の症状があらわれやすくなります。

《対策》
顎関節症や噛みしめ呑気症候群が同時に起きることにより、さまざまな症状が体にあらわれます。口やあご、消化器に限らず、肩凝りや首の痛み、頭痛、顔面や目の奥の痛み、耳鳴りなど大変広範囲にわたります。

命に直接かかわるような心配はありませんが、毎日の生活に何らかの悪影響が出るので、軽く見てはいけない問題です。
これらブラキシズムが起こる原因として、ストレスが関わっていることが非常に多くあります。

《栄養面から改善する》
ストレスがあるとビタミンの消耗が大きくなるので、食事とともに、良質のサプリメントを積極的に利用することが必要です。

○ビタミンB群とビタミンB群のパントテン酸を摂る
ストレスから体を守る副腎の2つのホルモンを造るために、ビタミンB群は特に必要です。

○ビタミンCを摂る
ビタミンCは抗ストレスビタミンの代表で、副腎と大きく関係します。ストレスにさらされると、副腎では抗ストレスホルモンが合成されます。その時にビタミンCも使われるので、ビタミンCはすぐに欠乏状態になります。
意識してとるようにしましょう。

○良質の総合ビタミン・ミネラルを摂る
ストレスがあるとビタミンB群やビタミンC以外の栄養素の消耗も増えるので、良質の総合ビタミン・ミネラルも利用したいものです。


ドライマウスとは?その原因と対策

《原因》
強いストレスがあったり不規則な食生活を続けたりしていると、口の中が常に乾いているような状態になる場合があります。これがドライマウスです。
ほか、薬の副作用で口が渇く場合もあります。

《対策》
原因となるストレスを取り除くほか、食生活の改善で好転します。

歯科心身症とストレス

現代医学ではストレスへの理解が十分でないため、原因不明と診断されることが多くあります。
ストレスは、口の中の感覚を認識するための神経伝達物質のプロセスを混乱させるために、さまざまな歯科心身症を起こすと考えられます。

特に口の中やあご、あごの周辺には体の中でも神経が集中している場所です。そのために、ストレスなどによる神経伝達物質やホルモンバランスの影響を受けやすく、さまざまな形で心身にあらわれるのです。

ストレスは交感神経を刺激して、副交感神経の支配下にある消化器の働きが抑えられます。そのため、ストレスが続くと唾液の分泌が著しく低下します。すると、口の中が乾燥して、歯の着色汚れ(ステイン)や歯石が付きやすくなります。また、唾液の抗菌作用が弱くなり、細菌が繁殖しやすくなります。ストレスは、歯科心身症だけでなく、虫歯や歯周病になりやすくなります。

ストレスがあると、副腎からホルモンを出して、ストレスから体を守ります。副腎は腎臓の上にあって小さな帽子の形をしています。副腎には、外側の皮質と内側の髄質があってそれぞれ別のホルモンを作って全身に送ります。

サブコンテンツ
>

このページの先頭へ