辛い便秘が治った!便秘治療法で一番効果的な方法は?

 ほとんどの便秘治療法に、必ずと言っていいほど紹介されている「目覚めの一杯」。

朝起きてからすぐに、水(水分)を摂ると便秘に効くということです。
眠っていた「胃や腸」を刺激して、排便を促します。
これは誰にでも簡単に出来る事だし、とても効果的です。
私のデータと経験上、一番効果があるのではないかと思います。

しかし、簡単に出来ることである故に、軽く思われ過ぎています。
報告のなかでは、「朝一番に水を飲むのは面倒」「簡単すぎて効き目が無いのでは」、とかあります。
簡単な事が出来なくて、便秘を治す努力ができるのでしょうか。
枕元に「水筒」でも置いておけば、立ち上がらなくても飲めます。
やる前から、効き目が無いと思っていたら、元も子もありません。
何事においても、簡単なことの繰り返しはとても重要で、決して無駄なことではありません。
この治療法を信じて、とにかくやってみることが便秘解消の近道です。
驚くほどの効果を感じることが出来ると思います。

最初に注意して頂きたいことは、これは「下痢」を起こさせるのが目的ではないことです。
「冷えた冷たい牛乳」がいいとよく言われていますが、これは間違いだと思います。
ほとんどの人が、牛乳は体に合わないということです。
朝一にこんな物飲んだら、イッパツで腹を下すことでしょう。

一度、溜まった便を全部出すことも重要だといわれますが、それもちょっと違うと思います。
そんなことしなくても、腸内の壁には便はこびりつきません。
古い便がいつまでも溜まるということは、まずありません
「下痢を起こさせれば腸がスッキリ、便秘が治る」という考え自体が、間違っていると思います。

では、どういったものがいいのでしょうか?

基本的に自分の飲みやすい好きな飲み物でいいと思います。
ただし、下痢を引き起こす可能性のあるものは控えたほうがいいでしょう。

たとえば「牛乳、炭酸飲料、アルコール、冷えすぎたもの」などといった刺激の強いものです。

おすすめは、
・ 沸騰させてから冷ました「水」
・ お茶系(緑茶、ウーロン茶、紅茶など)
・ 麦茶
・ ミネラルウォーター(きれいな水)
・ スポーツドリンク
・ 野菜ジュース
・ 果汁 100%のジュース
などがいいと思います。

どれも、冷やしたほうが飲みやすいでしょうが、冷やし過ぎないようにして下さい。
もう一度言いますけど、下痢を起こして排便させるのではありません。
飲んでお腹を壊すようでは、冷やし過ぎということです。
胃腸をやさしく刺激して、排便運動を促進させることが目的です。
最初は常温で飲み、出が悪かったら次の日はもう少し冷やして飲む、 ちょっとお腹が緩くなると思えば、少し温かくして飲む、といった工夫も効果的です。

毎日違う条件(違う温度)で摂取することで、自分にあった温度がわかってきます。
そのうちに便の硬さまで、ある程度コントロールできる様になっていきます。
飲んだ後どれくらいで便意が来るのか、時間も分かってくることでしょう。
時間調節まで出来るようになると、もうこっちのものです。

寝不足気味や、胃腸が弱く、薬を飲み続けている人、血圧の薬を飲んでいる人など、この治療法の効果が出づらいこともあります。
しかし、毎日続けることによって、本来の排便のメカニズムを取り戻せることでしょう。

人間の身体は、習慣付けることによって様々な環境に対応できます。
毎朝の気持ちのいい「快便」はすぐ目の前です。
諦めずにがんばりましょう。

ここで紹介した治療の方法は、誰でも簡単にできることです。
無理なことや辛いことなど、何一つ書かれていません。
無理の無い範囲で紹介しています。
こんな簡単なことを心がけることで、きれいサッパリ「便秘の悩み」を解消できます。
深く考える必要は全くありません。
「食ったら出す」という動物の基本動作を、本来の状態に戻すだけです。
大丈夫です。
必ず便秘は解消されます。
この治療法を信じて行動してくれるのであれば。
あなたが本気で便秘を治そうと考えているのならば。

サブコンテンツ
>

このページの先頭へ