禿を治療する一番良い方法は?レーザー治療で髪の毛が生える

ハゲは、立派な皮膚の病です。
この自覚が必要です。
皮膚科の医師の診断を受けることです。長期的に自分の人生の中で発毛・育毛とつき合っていくのですから必ず行ってください。私の診断結果は、ストレス、食生活、遺伝、年齢などが原因と言われました。壮年性脱毛症が一番多く、ポピュラーな病名のようです。

病院で処方してくれる薬ですが、「日本の塗り薬は、効かないですけど、いいですか。」と言われます。これは、かなり前ですので、現在は、リアップ(米国ではロゲイン)という塗り薬が出ているので、状況は変わってきているのは事実でございます。

また、プロペシアという飲み薬も出てます。こちらも現在は、国内で購入でき
ます。この2つの薬は、米国で認められた医薬品です。ただし、双方とも副作用があります。

これからご紹介する方法では、ロゲインを使うことを前提にお話していきます。
副作用として、頭皮が痒くなったり、蚊に刺されたような赤く隆起する箇所ができたりします。そのような方は、自分に合った塗り薬で代用してみてください。塗り薬は、使いたくないという方は、使わなくても結構です。それでも十分に結果が出ますので。

ロゲインは、日本の医師はもとより、世界(米国)が認めた発毛・育毛剤です。
継続すれば、抜け毛が減り、髪の毛が元気になり、結果としてハゲの進む速度を遅らせることができます。
ただし、頭頂部のみです。おでこ部分の前頭部は効きません。(汗)
これからご紹介する方法は、はっきりと明記はなされていませんが、おでこ部分にも効くようです。私は効いてます。

このロゲインは、副作用以外に、使用する上で問題点があります。これは、私が感じた視点です。2点あります。それは、
①少し油っぽく、ウェット感があり、髪にムースをつけたようになること
②ある程度までハゲを抑えることができても、それ以上は難しいこと

です。

この2つの問題点を解決することで、飛躍的に発毛・育毛させることができるようになりました。
解決するには、やや高価な機材を使います。

問題①の解決法

この解決法は、発毛・育毛の効果を落とさず、私が実行して解決したものです。
解決しないと、継続するかしないかといったところに関ってきますので、この問題を解決することは、重要です。
普通に塗り薬を頭皮に適量を塗ってください。本来なら、このまま乾燥していくのを待ちます。こんな髪が濡れた状態は夜なら問題ありません。
朝、これから出勤というときに、髪がべたついていたら、いい気がしません。
髪自身のボリュームもなくなり、地肌が見えるということもあります。発毛・育毛のためとはいえ、いくらなんでも、やってられません。一般的に、朝、ロゲインを塗らずに、夜だけ塗る方法もありますが、やはり、効果は、半減します。

ということで、解決策として、私が行っている方法は、ロゲインを決められた分量だけ、頭皮に塗ります。指で、頭部全体に行きわたるように、軽くマッサージをします。ここからですが、ドライヤーで温風を出し、濡れた髪を乾かしてください。完全でもいいですが、8割から9割程度でもそれほど気になりません。より高い効果を望むのであれば、後者の完全に乾かさない方がいいかもしれません。

すると、白い蒸気がでます。これで、髪についたロゲインの水分がなくなります。しばらくすると髪にボリュームが出始めます。ロゲインの販売元が進めているわけではありませんが、この方法で、私は、発毛・育毛効果が継続しております。

もともと、頭皮にある毛根を活性化させるために発毛・育毛剤があるわけです。
べたついたり油っこく感じたりするのは、髪自身についた部分であるわけなのです。髪についた部分のみ乾燥させてあげれば、問題は解決するのです。

2つ目の対策です。ロゲインも限界があります。ある程度まできて、なぜ、発毛・育毛が進まないのでしょうか。これには、発毛・育毛の基本的な概念を再確認しなければなりません。実は、ここが重要で、このことを実感すれば、発毛・育毛にお金をケチることはなくなります。

一つの毛根周辺に、数本の髪の毛が生えています。ハゲてしまうときは、この内の何本かが、抜け落ちるわけです。そして、何本かが、細い髪の毛となるわけです。この要因は年齢によるもの、遺伝によるもの、季節の変わり目の気温の変化によるもの、様々でしょう。

発毛・育毛は、一つの毛根から、抜け落ちた髪の毛の代わりを、再び発生しやすくすること、栄養を多く行きわたらせ、太く頑丈な髪の毛が生え育ちやすくすることです。つまり、髪の毛が生えてくる元の毛根部分がないと発毛・育毛はできないのです。

ロゲインにしてもどんな発毛・育毛剤を使っても発毛・育毛できないのです。
毛根部分がなくなれば、植毛・カツラを除き、手遅れということになります。
そのような場所の頭皮はゴツゴツ硬くなっているのが特徴です。

問題②の解決法

ロゲインに限界を感じるときは、効果自体の限界もありますが、髪の毛が増えない箇所があるのは、毛根部分が既になく、発毛・育毛できない手遅れの状態になっていることが多いのです。
このようにならないためにも、早くから予防をする必要があるのです。早ければ早いほど、手入れの時間も少なくて済むのです。

少しきついことを書きましたが、事実です。私は、このことについて、身をもって知り、毛根部分がなくなる前に、真剣に、発毛・育毛に取り組むようになりました。
言い換えれば、私には、すでに毛根部分がなくなっているところがあるということです。このようなことがないように、ある発毛・育毛方法を教えます。

この方法は、塗るタイプや飲むタイプの発毛・育毛剤ではありません。副作用は全くありません。どちらかというと自然治癒系に分類します。
私は、ロゲインと併用しましたのでこれからのお話は、ロゲインでの発毛・育毛法をさらに加速させる方法として紹介していきます。もちろん、ロゲインを使わなくても効果はあると思います。

ただ、ある機材を使用します。この機材が、最高で8万円から9万円します。
私は、この機材の製造・販売元とは一切関係ありませんが、やはり、いいものなので紹介します。類似品もあるようですが、イマイチでしょうか・・・。

一度、購入すると、叩いたり高いところから落としたりしない限り、壊れることはありません。言ってみれば、一生涯にわたって使えるもの、と言えるでしょう。TVのCMに出ている発毛・育毛方法にかかる費用に比べれば、10分の1、20分の1、30分の1です。


副作用なしで簡単に発毛させる方法

この方法を知ったのが、3年程前だったと思います。
常時、最新の発毛・育毛方法の情報を収集していたので、このときが、はじめて商品化されたときではないかと思っています。大変、新鮮で、考えてみれば、なぜこの方法が普及しなかったのか(現在でもあまり普及していませんが、もうまもなく普及することでしょう)、不思議でなりませんでした。

その方法とは、レーザー治療です。大掛かりな装置かと思いきや、やや大きめのクシの形をしており非常に軽量です。方法はいたって簡単です。
週に2回から3回程度一日に5分から15分、お家で、頭皮にレーザーを照射するだけです。発毛・育毛原理は、レーザー光で毛根の活動を活発化させ、髪の毛の発生を促進させ、育んでいくものです。太陽の光より強力なエネルギーで毛根を育てていくといったところでしょう。

これだけですが、かなり効果は大きく、即効性があります。一週間で、髪の毛に“張り”が出てきます。ピンピンします。
その後、1ヶ月から2ヶ月は、安定期が続きます。“張り”が保たれながら、髪にボリュームが出ます。

ただし、全体的に、髪の毛が増えているのかどうかは分かりません。こんな状態が続きます。
そして、季節の変わり目などでは、抜け毛も発生します。
そして、3ヶ月目に劇的に髪の毛が増えます。綺麗に、上品に、生えてくるのではありません。野生的に、増えます。

機材の開発元も3ヶ月目に大きな結果が出ることを認めているようです。
この時期から抜け毛が減ってきて、髪の毛自体が太くなるためと思います。
何度も書きましたが、当然、毛根部分のないところからは、髪の毛は生えてきません。つまり、地肌が見えるところは、完全には、治りません。しかしながら、周りの髪の毛が元気になるため、その場所を補ってくれます。髪全体にクシを通せば、地肌が見えなくなりました。
結果としてハゲが治ります。

私は、ロゲインとの併用で効果を得ました。発毛・育毛剤は、自分に合ったものをお選びくださいね。
レーザー照射とロゲインとの併用をはじめて、今現在で、およそ2年が経ちます。私の髪の毛は、2年前に結果が出てからの状態と変わってません。継続しています。ここ1年くらいは、レーザー照射回数は、2週間に1回から2回へと減っています。

もっと早くからこの機材があれば、もっと髪の毛は増えていたはずです。
ですので、このサイトを読んでいただいている方には、少しでも早くこの方法をはじめてもらいたいのです。

このレーザー治療に使う機材は、ヘアマックス・レーザーコームという商品名です。
価格は、販売サイトにより異なります。
安心できる日本語のサイトですが、中間マージンを多くとられて、高い価格となっております。英語での購入手続きとなりますが、安い価格で購入したいなら、英語のサイトから購入しましょう。どうしてもお金のない方は、英語のサイトからヘアーマックス・レーザーコムを購入するしかありませんね。(笑)

ヘアーマックス・レーザーコムの発端はオーストラリアのシドニーにある毛髪クリニックです。開発当初からオーストラリアでは数千名以上の人々がこのクリニックで治療を受け驚くほどの結果を得ていました。
そして、1999年に、世界で初めて、片手で使用可能なレーザー治療具の試製品が開発されました。2000年に、ヘアーマックス・レーザーコムの生産施設をアメリカに設立し、ヘアーマックス・レーザーコムはアメリカで特許を取って、現在、世界各地で特許出願中の状態です。同年、週刊タイム誌で“今年の発明品”として紹介され、その後、新聞、雑誌、TVなどの各種メディアで取り上げられました。

“へアーマックス・レーザーコムの低出力レーザー療法による発毛及び毛髪張力増加”という論文が、International Journal of Cosmetic Surgery and Aesthetic Dermatology 2003.11月号に掲載になっております。この画期的な研究内容により、レーザー照射が髪の毛の成長を促進するということが認められました。

2004年には、アメリカのNBCのニュースの中でヘアーマックス・レーザーコムは発毛・育毛の五つの治療方法の中の一つとして選ばれました。ほかの治療方法としては プロペシア療法と移植手術(植毛)などが含まれました。
へアーマックス・レーザーコムの臨床研究が過去に行われております。26才から79才の男性及び女性患者を対象に6ヶ月にわたり行われました。
その結果、97.4%の老若男女に効果がありました。また、84.2%の人は、発毛が見られました。
2002年にはカナダ、2003年にはシンガポールで、医療器具として認められました。

使用されているレーザー光そのものは、FDA(米国食品医薬品局)の安全基準に合格しており、安全で副作用がないことは、明らかになっております。

さらに2007年2月15日付けのAP通信で、FDA(米国食品医薬品局)が、ヘアーマックス・レーザーコムに承認を与えたと報じました。これにより薬品以外でFDAから承認を受けた唯一の家庭用育毛製品となりました。
ですので、一気にブーム到来の可能性もあります。
発毛・育毛効果をFDAに認可されたのは、ロゲイン(塗り薬)とプロペシア(飲み薬)だけで、それに続く第三の製品ということになるからです。


これをすればあなたの禿は治る

これから、あなたがすることです。
これをすれば、ハゲが治ります。
[塗り薬とレーザー治療の併用編]
①朝夕、ブラシタイプのもので髪を洗います。毛根の油を除去します。
②タオルで髪の水分を拭き取ります。汗をかかない程度でドライヤーをあて、乾燥させてもいいです。
③自分に合った塗り薬(ロゲインなど)を頭皮に塗ります。
④外出する場合(朝の出勤など)は、べたつき防止のためドライヤーを使用して、髪についた塗り薬を蒸発させます。
⑤外出しない場合は、髪や頭皮に塗り薬がついた状態で、週に2、3回、5分から15分の間、ヘアーマックス・レーザーコムを照射します。

[レーザー治療編]
①ブラシタイプのもので髪を洗います。毛根の油を除去します。
②タオルで髪の水分を拭き取ります。汗をかかない程度でドライヤーをあて、乾燥させてもいいです。
③週に2、3回、5分から15分の間、ヘアーマックス・レーザーコムを照射します。

私は、塗り薬とレーザー治療の併用編を実践しています。レーザー治療編よりは、大きな効果があります。自分に合った方法を継続して行ってください。

サブコンテンツ
>

このページの先頭へ