ホクロを病院で取り除く方法

医師がホクロを取り除く方法は複数あります。
ガン性のホクロがある場合は、皮膚科医に診てもらうのが一番です。

皮膚科医が診て、自分で取り除いても問題ないと言ってくれたら、自分で取り除きましょう。
しかし、もしガン性ならば皮膚科医の処置が必要ですから、まずは皮膚科医に診せるのが一番でしょう。

ガンの場合は皮膚からガン細胞を全て取り除く必要があるため、家庭では行えないのです。
医師がホクロを取り除く場合は、そのホクロの成長具合や、患者にとって最もふさわしい方法などを吟味して選びます。
メスによる切除や焼灼法、レーザー手術、剃刀で削る方法などがあります。

医師の間では、メスで取り除くのが一般的です。
ホクロのある箇所を完全に切除してから縫合するため、傷跡が残る場合があります。
メスで取り除く場合は、一般的に医師がガン性を疑う場合です。

通常と異なる形のホクロであれば、どんなものでも皮膚から切除する必要があります。
メスで切除したら、それがガン性でないかを病理検査します。

切除した部分は縫合され、一週間ほどで回復します。
焼灼法では、専用の道具が必要です。
これは皮膚からホクロを焼き取る方法です。
皮膚を切らないのでメスは必要ありませんが、取り除いた箇所はヤケドのような痛みが残ります。

けれども新しい皮膚細胞がすぐに成長しますから、自然に回復します。
この方法はそれほど痛みはありませんが、数日間はヒリヒリするかもしれません。
メスで取り除くほどの傷はできません。

今日最も用いられている方法はレーザーです。
ホクロが顔や目につく場所にある際に共通して行われる方法です。

レーザーがホクロに直接当てられると血管が封じ込められ、ホクロやその周りの組織を取り除くのです。
ホクロは蒸発してしまいます。

レーザーを使用する場合はメスも縫合も必要ありません。
回復も早く、痛みも少ないでしょう。
傷もほとんど残らないため、顔のホクロを取り除くには最適です。

剃刀で削る方法を用いる医師もいます。
これは皮膚から盛り上がっているホクロに適用されます。
ホクロのある箇所には麻酔をしますから、痛みを感じることはありません。
この場合、多くはホクロのあった箇所に白い痕が残ります。
この色は皮膚から取り除くことはできません。

ホクロ除去の外科手術でできる傷は、たいていは最小限です。
ただしガン性の疑いから切除する場合は、傷が残ることはあまり考慮に入れられません。

ホクロのあった場所には小さな傷跡が残る場合がありますが、外出して日に当たる際は、日焼け止めを必ず塗って傷が露わにならないようにしましょう。
日焼け止めを塗らずに傷跡が日焼けしてしまうと、よけい目立つようになってしまいます。


自宅で簡単にホクロを取り除く方法

ホクロは自然な方法で取り除くこともできます。
ただし、そのホクロがガン性でないかどうかを事前に確認することが常に大切です。

ホクロを自然に取り除く方法は様々です。
取り除きたい理由も数多くあるでしょうが、人目について隠しにくい箇所にあるものは厄介です。
衣服などで擦れたり、脚や顔の表面にあるものは非常に不快です。

ホクロを体から取り除かなければならない深刻な理由の一つには、皮膚ガンのリスクです。
ガン性のものであれば、すぐに取り除かなくてはなりません。

早期発見であれば完全に取り除くことができ、再発の危険も減るのです。

ホクロを自然に取り除く方法として用いられるものには、カリフラワーやニンニク、パイナップル、ハチミツ、ヒマシオイル、イチジクの茎、酢を入れた熱湯などです。

全てのホクロにこれらの方法が確実というわけではありません。
なかなか取り除くことができなければ、いくつかを試してみるか医師の診断を仰ぎましょう。

これからご紹介するのは、家庭で簡単に手に入るもので、また効果の高い自然な方法です。

カリフラワーを用いる場合、まずはミキサーでカリフラワージュースを作ります。
カリフラワー自体に十分な水分がありますから、水は加えず、ピューレ状になるまでミキサーにかけましょう。
これを毎日、ホクロの上にこすりつけます。

1~2 週間もすると、ホクロが皮膚から自然にむけてくれます。
ホクロの跡や傷が残らない素晴らしい方法です。

ニンニクも、家庭にあって自然にホクロを取り除いてくれる食材の一つです。
ニンニク一片の皮をむき、ペースト状になるまでつぶしたらホクロに直接塗りましょう。
ニンニクを使用する際は、ホクロの部分に包帯を巻きます。
夜だけ行い、日中は包帯を外して皮膚に呼吸をさせましょう。
短い間に、ホクロは取れてくれます。

パイナップルジュースもホクロを取ってくれることで知られています。
これには新鮮なパイナップルジュースが必要です。
市販のジュースや缶入りのものでは効果はありません。
本物のパイナップルを使い、毎日ジュースを作ったらホクロの上でこすります。
ホクロが徐々に弱り、やがて取れてくれます。
平らなホクロの場合は、だんだんと消えていきます。

ヒマシオイルとハチミツもパイナップルジュースと同様の効果があります。
ホクロの上でヒマシオイルを優しくすりこめば、ホクロは弱って見えなくなります。

ハチミツも同様に行えば、同じ効果があります。
他にも、一日に 5~6 回、熱湯でホクロをこするという方法もあります。

ホクロとその周りの皮膚を完全に乾かしたら、綿球に含ませたリンゴ酢を 10 分乗せ、完全に洗い流します。
これを一週間以上、毎日少なくとも 6~7 回行いましょう。
ホクロが皮膚から完全に取れてくれます。

イチジクの茎に含まれるジュースもホクロの除去に有効なことが知られています。
ただし、住む地域によっては手に入りにくいかもしれません。
ジュースを毎日ホクロに塗れば、自然と取れてくれます。

これらの自然な方法は傷跡も残らず、皮膚科医による手術のように高価でもなく、最適な方法です。
全ての方法が効果を発揮すると保証されるわけではありません。
あなたに効いても、別の人には効かないかもしれません。

どれが自分に合っているかは様々な方法を試してみましょう。

スキンタグを家庭で取り除く方法

皮膚にできるできものには、他にもスキンタグや病斑などがあります。

スキンタグは、家庭で自然に取り除ける方法があります。
スキンタグとは、ぶらさがっているようにみえる余分な皮膚のことです。
たいていは良性のものですが、見た目が良くありません。

多くは皮膚と同じ色で首周りや脇の下、まぶたや胸の下にもできることがあります。
胸の上部など、衣服が擦れるような箇所にもできることがあります。

多くの場合、スキンタグは長い間、常に何かに擦れるなど刺激を受けることから発生します。
自然に取り除いても、皮膚科医にかかっても良いでしょう。
皮膚科医で取り除く場合は非常に高価で、痕が残ることもあります。

スキンタグを取り除くのには、ダクトテープを使うのが一般的です。
イボだけでなく、スキンタグにも使用できます。
スキンタグの上に小さく切ったテープを貼ったら、剥がしてみます。

テープを剥がすときにスキンタグがついてきているか見てみましょう。
うまくいかなければ、きれいに取れるまで再びテープを貼ります。

スキンタグはビタミン E を用いて取り除くこともできます。
ビタミン E は、皮膚の回復能力があることで知られています。
ビタミン E を直接スキンタグにつけ、上からバンドエイドを貼ります。

バンドエイドを剥がすと皮膚の色は改善し、最終的にスキンタグは取れるでしょう。

少し痛くても大丈夫な人は、しばって取り除きます。
短い糸で固く結ぶのです。
スキンタグへの血流が止められます。
血液が流れているからスキンタグが生きているわけで、これを断ち切ることで皮膚は死滅します。
これにより、余分な皮膚が取れるというわけです。


イボ・ホクロ・スキンタグとの上手な付き合い方

イボやホクロは非常に苦痛で嫌なものであり、時には危険にもなるできものです。
自然に取り除く方法を用いれば、医師にかかって高額のお金を払う必要はありません。

体から取り除くものに関しては、それが特に脅威を与えるものでなければ保険会社は支払いの対象にはしてくれません。
取り除く行為は美容の分野と見なされるのです。

医師に診せる場合は、それが保険の対象になっているかどうかを確認しましょう。
対象から外れている場合は、このサイトに載っている自然な方法を用いることをおすすめします。

イボは体のどこにでもでき、特に足の裏にできる扁平疣贅の場合は痛みがあります。

イボには実に様々なタイプがあり、自然に取れるまで待てなければ、取り除くことも可能です。
イボは免疫システムの衰弱によって引き起こされ、体が健康になればイボは取れてくれることを知っておきましょう。

ホクロは特に目に見える場合、迷惑でとても厄介なものです。
ホクロも危険な場合があります。

全てのホクロがガン性であるわけではありませんが、ホクロの基礎を知り、自分のホクロが正常なものなのか、医師に診てもらうべきなのかを知ることが大切です。

異常なホクロの特性を知っておくことも必要でしょう。
ガン性の可能性があるホクロは、決して自然に取り除こうとしてはなりません。
ガンであれば、体から完全に取り除かれなければ致命的だからです。

異常なホクロがあれば、自分で取り除いても安全かどうか、必ず皮膚科医の診断を仰ぎましょう。

スキンタグも皮膚のできものです。
非常に一般的なもので、自然な方法で簡単に取り除くことができます。
危険でも痛くもありませんが、隠しにくい箇所などにあると嫌なものです。

他人に効果のある方法が、必ずしも自分に効果があるわけではないことを覚えておきましょう。
人それぞれ体は異なり、ある方法が確実に効果があると保証できるものではありません。
イボやホクロ、スキンタグを取り除くためには、何種類かの方法を試してみましょう。

ホクロで大きくなり続ける場合は皮膚科医にかかり、症状を具体的に説明しましょう。

サブコンテンツ
>

このページの先頭へ