マッサージでは肩こりは治らない!肩こりを治すためには何をすればいいの?

今現在、肩こりを抱えている状況だと思いますが、肩に辛い痛みや不快感を覚えてからあわてて肩を回したりしても直ぐに治るというわけにはいきません。
なぜなら、辛い肩こりはマッサージをしたところで、改善するのに時間がかかります。

よって、肩こりは肩こりを抱えているだけ改善が必要と言います。ただし、そうしてしまうと、20 年肩こりを持っている人は治すのに20 年の時間を要する事になってしまいます。
その為、日頃のストレッチを怠らず、正しい解消方法を実践する事が一日も早い肩こり解消に必要なことになるのです。

これは、肩こりだけに言えることではなく、多くの人は“悪くなってから治す”というような良くない習慣がついているように思います。もともと、自分の体をいたわっていれば、悪くなる事を防ぐ事ができるわけです。

そこで、今後は、肩が凝ると予想される行動をするとき(パソコンをする、事務仕事の前など)に肩こり克服トレーニングを実践をする様にして下さい。そうする事で、肩が凝った状態を少しでも緩めてからの作業ができますので、肩が凝っても、作業が終わった後に、再度肩を緩める事によって「2-1=1」の計算で徐々に肩こりが改善されてくるはずです。

マッサージで肩こりが治らない理由

肩が凝ったと感じた時、整体院、カイロプラクティック院、マッサージと3 つの選択肢がでてくると思います。整体やカイロで治りにくいという理由は先ほどお話しましたが、マッサージはどうだと思いますか。

マッサージというのは、悪い箇所を治癒させるという事に関してはあまり効力がなく、受けている本人が「気持ちいい」と感じる“癒し”の要素が大きいです。
その為、マッサージを行ってくれる人も、相手を気持ちよくする事に重点を置いて施術を施します。今までにマッサージを受けた事のある人であれば分かると思いますが、“癒し”が主になります。
マッサージの目的は癒し

整体術のように、凝っている部位を押して筋肉を緩めるというスタイルではなく、表面をさすって気持ちよくするのがマッサージです。
ただし、さすったところで、凝りを根本的に解決する事は出来ません。
その為、マッサージをしてもらっている最中と直後は気持ちがいいですが、翌日になると元通りになってしまう事が多いと思います。


肩は揉むのと叩くのと、どっちがいいの?

肩揉みと肩たたき、どちらが効果があると思いますか。
一般的には、肩を叩いても、揉んでも筋肉がほぐれると思われていますが、本当にそうでしょうか。

実は、肩を揉んでも叩いても「気持ちいい」とは感じますが、肩こりを解消するためにはあまり効果がありません。一番いい方法は“肩を押す”ことなのですが、その説明をしたいと思います。



上の図は、クッションです。
これを肩と仮定して説明をしていきますね。


そして、このクッションを揉む(手のひらでのマッサージをする)と上の図のように変化します。この図を見ながら実際に自分で自分の肩を手のひらでもむようにマッサージしてみてください。
おそらく気持ちいいと思いますが、ほぐれている感じはあまりしないはずです。
では、次に肩を押すとどうなるかを見ていきましょう。


この図が肩を押した時の肩の様子です。
先ほどの揉んだ場合と異なり、押している周りの部分に力が集中していますよね。

こうする事で、肩こりの原因になっているシコリとその周りの筋肉を緩める事ができます。では、先ほどと同じように指で肩の凝っている部分を押してみましょう。

押してみると、マッサージと違い若干痛く感じるかもしれませんが、徐々に力を加えていきましょう。10 秒ほど力を加えて指を離してみましょう。力を抜いた後、肩にスゥ~と血液が流れる感じがしたと思います。

つまり、この押すという行為は流れが悪くなっている血液の流れをスムーズにする効果
があるという事です。
これを繰り返し行っていくことにより、循環の悪くなっている肩と首回りの血液の流れをよくできますので、徐々に凝りが解消されていくわけです。


頑固な肩こりをほぐす魔法のアイテム

肩を押すことが肩こり解消の正しい方法という事はおわかり頂けたと思います。
ただ、今実際に指で肩を押して感じたと思いますが、固くなっている肩を指で押すと、指の方が痛くなってしまいますよね(笑)

私も施術時はなるべく手で行うようにしていますが、あまりにも固い方の場合は道具を使っています。(あまりにも固い場合は、手で押しても凝りをほぐす事が出来ませんので、道具を使った方が効果の出る時もあります)

この道具は近くの100 円均一でも売っているので探してみるのもいいでしょう。
この写真の様な道具を私は実際に使用しています。
肩以外の部分を押すにも効果的で便利です。
肩こり解消に役立つアイテム


自分にあるもので作る!肩こり解消アイテム

前項で述べたようなアイテムを使えば指に負担をかけずに凝りを取り除いていくことができるので大変便利なのですが、アイテムもたくさんあるので、どれを使えばいいか迷ってしまう場合もあると思います。

そこで、今回はお金をかけずに自宅で作れる肩こり解消アイテムの作り方を説明させて頂きたいと思います。用意するものは次の3 つです。

肩こり解消アイテムを自分で作る

① ガーゼ
② 輪ゴム
③ 胡椒などの瓶(底の面積が親指の腹より少し大きいもの)

この 3 つを使って今から肩こり解消アイテムを作っていきましょう。
もし、すぐにこの3 つを用意できるのであれば、このページを読みながら作っていきましょう。

① ガーゼの中央に瓶を当てる


まず、図のようにガーゼの真ん中に瓶を当てて下さい。
そして、ガーゼの余っている部分を瓶に巻きつけていくようにします。

② 輪ゴムで止める


あとは、巻きつけた部分を固定するために輪ゴムで図のように巻けば完成です。
ガーゼを巻きつけないで行っても構わないのですが、瓶の硬さによっては痛いかもしれませんので、なるべくガーゼを巻きつけてクッションを作るようにしましょう。




サブコンテンツ
>

このページの先頭へ